リスティング広告の誕生

Just another WordPress site

rainbow

会社もロゴを作るときに大切なこととは

会社のロゴは、企業を表すいわば「顔」的存在なのですが、その役割は、企業の持つ信念を象徴し、経営理念やミッションなどの思いを表し、信頼感や統一感を出すといった外見の方向性を決めることができます。

企業の信念を象徴するということは、経営者や従業員のモチベーションや組織に所属しているという意識を高め、どのように見かけの統一感をどうすればよいか演出することができ、顧客に対しては企業や商品、サービスへの思いを知ってもらうことができますし、信頼度を高めることもできます。

また、ロゴが、企業や製品、サービスをブランド化することができ、企業にとってはとても重要なものです。
特にブランド戦略をする際には、シンボル的象徴として様々な人の目に触れる機械が多く、その企業の製品やサービスのイメージを直接的に伝えることができます。企業や製品、サービスのコンセプトや歴史、文化や役割、約束などを社会や顧客となりえる人々にむけて確実に浸透させていけることができるため、価値や力強さなどの企業の価値を大いに表現する必要があります。

ロゴを作成するためには、制作会社に依頼したり、コンペを利用して多くの人々からデザインの提案を集めることができます。
制作会社に依頼する方法は、近年は低価格で依頼できる業者も増えており、プロのデザイナーがデザインを行うのでクオリティの高いものを発注することができます。制作側のデザイナーと打ち合わせを行うことができるので、企業イメージや表現したいポイントを的確にデザインに反映することができるため、非常に安心できるでしょう。しかし、人件費などのコストとデザイン料が価格になるために、制作時間に応じて金額が大きくなる可能性があり、幅は非常に広いのです。予算が決まっている場合は、企業が希望するデザインに仕上がることばかりではなく、料金についてはきちんと発注側と受注側で話し合っておく必要があります。
また、企業の意見をしっかりと聞き出し、オリジナリティがあるデザインを提案し、要望から的確な提案を行ってくれる、対応がとてもよい、といったところを探すことも大切なことなのです。

一方の作成コンペは、予算は平均すると2万円から3万円ほどと低価格で、提案されたものを見て、気に入ったものだけど採用して料金を払うだけで良いので無駄がありません。多くのパターンや予算、時間なども非常に少なくて済むため利便性が高い方法です。